最近のエントリー
RECENT COMMENT
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< December 2015 >>
ブログ内を検索


LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS
counter
パブリックコメント提出の重要性
一昨日予告致しました
犬猫の展示規制問題についてのお話です。

マンタ


当初、2月の審議会で
猫カフェが事実上無視された結果
犬猫の時間展示規制は8時〜20時までとなっていました。

先日4月16日に行われた
中央環境審議会動物愛護部会は
猫カフェの意見具申を一部組んで頂き
条件付ですが22時までの
2時間延長展示(2年間の経過措置)が
議決されました。

その条件とは成猫(1歳以上)が、
猫カフェのような
猫が自由に行き来出来る展示施設であること、
となっています。

ここまでは先日ブログ等でお伝えした内容です。

マンタ


ただし実はまだ正式に決まっていません。
上記議決案(22時まで延長)を
国民から広く意見(パブリックコメント)を求め、
その結果を踏まえ
20時までか、22時までかを
最終的に決定するようです。

前回の審議後も
パブリックコメントの募集がありました。
残念ながら猫カフェ側の意見は少なかったようです。


カールス


当店は19時閉店(平日は18時30分閉店)です。
当店のお客様は20時までか22時までか
どちらになろうが関係ないかもしれません。
しかしながら
今回パブリックコメント提出の意義は
当店のお客様や当店にとって
以下のシナリオ回避のため重要と考えます。

先ず展示は20時までに制限すべきといった
ご意見が「質」及び「量」とも圧倒的な割合を占めるなら
夜間展示は20時までに戻される可能性が
少ないながらもあります。
この時点では当店はほとんど営業に支障はありません。

もし、上記のように猫カフェ側に不利な意見が
圧倒的な割合を占めたとしても
今回のみは22時の2年間の経過措置で留まることもあります。
この時点でも当店はほとんど営業に支障はありません。
 
しかし、経過措置後の2年後に
このパブリックコメントの結果を踏まえ20時に戻されるか
 それ以上の規制(※に記載)が課せられる風向きに変わる可能性が大きいです。

 ※それ以上の規制とは
  例えば18時までや、さらなる短縮時間案の規制、
  極端な例としては猫との触れ合いの禁止などです。

  (良質な)猫カフェ体験されたことが無い
  動物愛好家の方々は多数いらっしゃいます。
  猫カフェのような触れ合いの施設が
  猫に過剰なストレスを与えているといった
  偏見的な意見が多く、
  今回も規制緩和反対の意見が多ければ
  こんな厳しい規制もありうるかもしれません。

マンタとごまめ


猫カフェ連盟準備会が苦労して勝ち取った
良好な風向きを変えないために
今回のパブリックコメントの提出は重要と考えます。

猫カフェを愛する皆様、
あるいは当店のカフェニャンズを愛する皆様に
以下のパブリックコメントのご提出を
お願いしたいと存じております。

マンタ



もっとこの件を詳しく知りたいという方は
今回の件で大活躍して頂いている↓
東京の猫カフェ「きゃりこ」さんのブログ
でご確認頂ければ幸いです。

今回のパブリックコメントは
猫カフェに対する行政の考え方を
方向づける岐路と考えています。


当店担当の保健所さん曰く
「規制は厳しくなることはあっても
緩和されることは、まず無いでしょう。」

の言葉が心に引っ掛かります。

ムース


今、皆さんのお力が必要です。
よろしければ
パブリックコメントのご提出をお願い致します。
5月7日必着となっています。

以下に提出の要領をご案内致します。

お時間の無い方は
メール送信が一番簡単な方法だと思います。




※以下きゃってりあむ様ブログを抜粋。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
平成24年4月23日
動物の愛護及び管理に関する法律施行規則の一部を改正する省令の一部を改正する省令案等に関する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)

こちらをクリック! ⇒ 『パブリックコメント

マンタ


(以下、抜粋)



【意見募集要領】

1.意見募集対象
動物の愛護及び管理に関する法律施行規則の一部を改正する省令の一部を改正
する省令案等(概要)(別添資料)

2.募集期間
平成 24 年 4 月 23 日(月)〜平成 24 年 5 月 7 日(月)必着

3.意見の提出方法
意見は下記の様式により、次に掲げるいずれかの方法により提出してください。
電話での受付はできませんので予めご了承願います。

○電子メールの場合
アドレス  aigo-seirei04@env.go.jp

○郵送の場合
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5 号館
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室宛て

○FAX の場合
FAX 番号03-3581-3576
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室宛て


[意見提出用紙]の様式

「動物の愛護及び管理に関する法律施行規則の一部を改正する省令の
一部を改正する省令案等(概要)」に関する意見
○意見提出者名(企業・団体の場合は、会社名/部署名/担当者名):
○住所:〒
○連絡先電話番号、FAX番号、電子メールアドレス:
○意見:


5.注意事項
○意見は、日本語で提出願います。
○意見に対する個別の回答はいたしかねますので御了承願います。
○郵送、FAX の場合は A4 サイズの用紙に記載の上、提出願います。
○締切間際は、FAX 回線が混み合う可能性がありますので、あらかじめ余裕を持
ってお送りください。回線がつながりにくい場合は、郵送あるいは電子メール
にてお送り願います。
○本意見募集要領に即して記述されていない場合及び締切日までに到着しなかっ
た場合は無効とさせていただきます。
○頂いた意見については、住所、個人名、電話番号、FAX 番号、電子メールアドレスを除き、公開される可能性がありますのであらかじめ御承知置きくださ
い。なお、意見中に、個人に関する情報であって特定の個人を識別しうる記述
がある場合及び個人・法人等の財産権等を害するおそれがあると判断される場
合には、公表の際に当該箇所を伏せさせていただきます。
○意見に附記された氏名、連絡先等の個人情報につきましては適正に管理し、意
見の内容に不明な点があった場合等の連絡・確認といった、本意見募集に関す
る業務にのみ利用させていただきます。

(抜粋ここまで)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


気をつけていただきたいこと。

・5月7日までに必着と、非常に期間が短い上に、
 ゴールデンウィーク中なので実質今週いっぱいくらいの期間しかありません。

・住所・氏名・連絡先を明記してない意見に関しては無効

・郵送の場合、A4サイズでお願い致します。


(抜粋ここまで)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上、きゃってりあむ様のブログを抜粋。

ファビとプリンとあずき


記述される意見の内容ですが

「猫カフェの猫がストレスがかかっているとは思えない、
 ストレス回避のためであるなら、
 時間規制より不摂生な施設やお店を改善する規制が重要など」
 時間規制をかけることが無意味であることを皆様お客様の視点
 理由を添えて記述して下さい。
 

パブリックコメントを期限に間に合うように
お時間を割いてご提出して頂いた既存会員様に
ポイント2倍(ポイント2倍デーの日は3倍)をご提供させて頂きます。

受付にて「パブコメ提出」した旨をお伝え下さいませ。


マンタ


13時追伸事項
パブコメ提出をお伝え頂いたお客様が
10名以上いらっしゃる場合は
5月中旬以降、2週間に渡り
今回の件で封印していた
金曜夜21時まで営業の
「はにゃ金ナイト」を実施致します。

よろしくお願い致します。








当店が末長く皆様に親しまれますように毎日1回
肉球をポチっとクリックして下さいませ。おてんき

※パソコンとスマートフォンからは現在ランキングカウントが可能です。

にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ

素敵な猫カフェのブログが沢山。


お客様目線での「とうこさん」のブログ「まどろみTail」は
当店公認ブログです。とてもお勧めですdown

http://catouko.blog68.fc2.com/

見られたら忘れずに「猫カフェ」をクリックしてくださいね! 






コメント
猫カフェブログランキング1位ということでお邪魔しました。
猫カフェという業態に期待している猫好きとして危機感を持っております。
動物保護活動をされている方等には猫カフェへの偏見が非常に強いです。パブコメの件は彼等もネットで拡散しているので油断はできません。
また、猶予が決定したとしても業界基準を充実させて底上げしていかないと「悪質な業態」と見做されてしまいます。頑張って下さい。
from: 匿名で失礼致します   2012/04/27 10:06 PM
匿名で失礼致します様

コメントを頂き有難うございます。
動物の保護活動をされている方々が
展示時間規制の緩和に対し
反対意見が多いことは聞き及んでおります。
殆どの猫カフェ店主は保護活動をされている方々を
尊敬すべき存在として認知し
(たとえ猫カフェの存在を非難しようとも)
敵視すべき存在でないことを知っています。

猫カフェを始める時
「ビジネス等で疲れた心を癒す憩いの場」として
社会貢献を意識し開業致しました。
開業し6年近くなりましたが
その間、私は多くのお客様に
いろいろなことを学びました。
・猫カフェに来て猫が臭くないことにびっくりした。
→近くの猫屋敷が臭く猫は臭いものと思い込んでいた。
・猫の好む接し方を知らず、ここで勉強できて良かった。
→犬と同じ接し方をしていて間違いに気付いた。
・猫のことが好きになった。
→彼女が猫好きで興味半分で来たけど、自分がこんなに猫が好きになるなんて思わなかった。
・猫アレルギーだと思っていたがここではあまりその症状が出なかった。
→調べてみたら猫アレルギーではなかった。
など、
猫(血統書猫あるいは保護猫)を飼う需要を
猫カフェが増加させた事例を知りました。

逆に
・猫を飼えないマンションに住んでいて
周りに黙って猫を飼おうと思っていたけど
こんなところがあって嬉しい。
→違反までして猫を飼おうとした衝動を抑えることができた。
・猫を飼いたくてここに来たいけどくしゃみが止まらなかった。
→念のため調べたら猫アレルギーだとわかった。
など、猫を飼った後の問題を事前に回避できた事例を知りました。

猫カフェの存在意義や社会貢献として、新たに
猫たちと飼い主様の適正なマッチングを
提供できる役割があると
お客様からお教え頂きました。

直接的な保護活動をされている方々には
とても及びませんが
行き場の無い不幸な猫が軽減させることに
間接的にお役に立つことができるように
猫カフェが存在し
少しでも長く経営できればと存じております。

今回、文章表現できる機会を作ってくださり
誠に有難うございました。
from: Cat tailオーナー   2012/04/28 4:53 PM
コメントする









▲PAGE TOP